コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

主従 シュウジュウ

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐じゅう【主従】

主君と家来。しゅじゅう。

しゅ‐じゅう【主従】

主となるものと従となるもの。「事柄の主従を見分ける」
主人と従者。主君と家来。しゅうじゅう。「主従の関係を結ぶ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうじゅう【主従】

しゅじゅう【主従】

主君と家来。主人と従者。しゅうじゅう。 「 -関係」
主となるものと従となるもの。 「事柄の-をはっきりさせる」
[句項目] 主従は三世

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

主従の関連キーワードマスター (コンピューターシステム)あくちも切れぬ平安情瑠璃物語夫婦は二世目釘を湿す御恩・奉公フェロニー御恩・奉公大名領国制主従は三世親子は一世大義名分論暇を取る封建主義落ち失す三世の恩三世の縁四十八鷹封建社会道行き物

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

主従の関連情報