主従(読み)しゅじゅう

精選版 日本国語大辞典「主従」の解説

しゅ‐じゅう【主従】

〘名〙
① 主となるものと従となるもの。
※民法(明治二九年)(1896)二四四条「付合したる動産に付き主従の区別を為すこと能はざるときは」
② 主人と使用人。主君と家来。しゅうじゅう。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※発心集(1216頃か)七「主従(シュジウ)ながら月日を過しける程に」

しゅう‐じゅう【主従】

〘名〙 主君家来。主人と従者。しゅじゅう。
※源平盛衰記(14C前)一八「主従(シウジウ)の礼よりも猶深くして、事の外にぞ敬屈しける」
[補注]中世以来「シュウジュウ」「シュジュウ」の両形が存在するが、「主」は呉音ス、漢音シュであって、「シュウ」という字音は本来ない。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「主従」の解説

しゅう‐じゅう【主従】

主君と家来。しゅじゅう。

しゅ‐じゅう【主従】

主となるものと従となるもの。「事柄の主従を見分ける」
主人と従者。主君と家来。しゅうじゅう。「主従の関係を結ぶ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android