コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回分プロセス かいぶんプロセスbatch process

世界大百科事典 第2版の解説

かいぶんプロセス【回分プロセス batch process】

乾燥,反応,食品加工など原料が変化していく過程を,原料を動かさず時間的変化として実現するプロセス。これに対し,原料を動かして空間的変化として実現させるプロセスが連続プロセスcontinuous processである。連続式はプロセスの状態が定常的であるのに対し,回分式ではプロセスの状態が時間的に変化する。そのため,連続式にくらべ自動化がむずかしく,プロセスの管理,運転に人手を要する。歴史的には回分式が最初で,処理量が大きくなると,連続式に移るのが一般的傾向である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android