回折スペクトル(読み)かいせつスペクトル

百科事典マイペディア「回折スペクトル」の解説

回折スペクトル【かいせつスペクトル】

回折格子を使って得られるスペクトル波長λの光が格子の面に垂直に入射したとき,格子の相隣る線の間の距離をtとすれば,t sin θ=nλ(nは整数)を満足する角θの方向で光が強め合って明るくなる。nを回折スペクトルの次数という。回折スペクトルでは上の式によって,波長の長い光ほど外側に並び(ガラスプリズムによるスペクトルと逆),次数が高まるにつれて外側へ移る。高次のスペクトルほど明るさは弱まり,互いに一部重なる。→回折回折縞

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

受託収賄罪

公務員が,職務に関する請託を受け,これを了承したうえで賄賂を受取ったり,要求,約束したりした場合に成立する犯罪。請託のない場合は単純収賄となり,法定刑が5年以下の懲役であるのに対し,請託のあったことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android