回折縞(読み)かいせつじま(英語表記)diffraction fringe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

回折縞
かいせつじま
diffraction fringe

波が回折して障害物の影になるところまで回り込むときに,その境界線の近くにできる波の強弱の縞模様を回折または回折像という。波が単一波長であれば完全な明暗縞であるが,いろいろな波長が含まれていると縞に色がつく。夜に遠くの街灯の光を傘の布などを通して見ると,縦横にいくつもの回折縞を見ることができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

回折縞【かいせつじま】

光の回折によって生じる明暗のしま。回折像ともいう。たとえば細長いスリットに光を通すと,両側の影の部分にスリットに平行なしまが並び,円形の穴に通せば同心円のしまができる。スリットや穴が大きいと明暗のしまは近づいて見分けられなくなる。白色光ではしまに色がつく。→回折格子回折スペクトル干渉縞

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

かいせつじま【回折縞】

回折した光の干渉によってできる明暗の縞。白色光では縞に色がつく。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かいせつ‐じま クヮイセツ‥【回折縞】

〘名〙 光が回折したとき、直接光が当たるはずの場所に生じる明暗の縞模様。白色光では色のついた縞になる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android