因果的思考(読み)いんがてきしこう(英語表記)causal thinking

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

因果的思考
いんがてきしこう
causal thinking

種々の出来事,現象について,それが生じる原因=結果の関係を推定する思考の働き。 J.ピアジェによれば,子供は,呪術的・超自然的な力をかりたり,人工論に基づいて原因を説明する段階を経たのち,論理的な因果律によって思考することができるようになるとしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android