団十郎(読み)ダンジュウロウ

大辞林 第三版の解説

だんじゅうろう【団十郎】

○ 市川団十郎いちかわだんじゆうろうのこと。
が荒事を得意としたことから〕 荒々しいこと。乱暴なこと。 「 -でひな助を踏たふし/柳多留 107

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

だんじゅうろう ダンジフラウ【団十郎】

[2] 〘名〙
① (市川団十郎の家は代々荒事を得意としたところから) 乱暴なこと。荒々しいこと。また、あばれっ子。団十。
雑俳・柳多留‐一七(1782)「団十郎で出ましたと母くろう」
② めくりカルタの出来役の名。また、青札の一のことともいう。
※雑俳・柳籠裏(1783‐86)二月一八日「けちなよみ団十郎が十弐文」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

団十郎の関連情報