コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川團十郎 いちかわだんじゅうろう

百科事典マイペディアの解説

市川團十郎【いちかわだんじゅうろう】

歌舞伎俳優。江戸劇界を代表する名家で,12世まである。屋号成田屋。初世〔1660-1704〕は初め段十郎。市川家のお家芸となった荒事(あらごと)の創始者。三升屋兵庫(みますやひょうご)の筆名で脚本も書き,元禄期の名優として坂田藤十郎と並称された。
→関連項目市川小団次市川左団次市川寿海市川段四郎烏亭焉馬長田秋濤尾上菊五郎鏡獅子河原崎長十郎勧進帳杵屋六三郎隈取(芸能)元禄文化坂田藤十郎沢村宗十郎死絵新古演劇十種助六鶴屋南北常磐津林中中村芝翫中村七三郎成駒屋成田屋英一蝶松羽目物

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

市川團十郎の関連キーワード日舞花柳流宗家家元の花柳壽輔死去花のお江戸の釣りバカ日誌市川團十郎(12代目)丸本物(まるほんもの)120年ぶりの天覧劇新歌舞伎十八番隈取(芸能)歌舞伎の動向歌舞伎十八番松本幸四郎団十郎花の乱活歴物和事

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

市川團十郎の関連情報