市川團十郎(読み)いちかわだんじゅうろう

百科事典マイペディアの解説

市川團十郎【いちかわだんじゅうろう】

歌舞伎俳優。江戸劇界を代表する名家で,12世まである。屋号成田屋。初世〔1660-1704〕は初め段十郎。市川家のお家芸となった荒事(あらごと)の創始者。三升屋兵庫(みますやひょうご)の筆名で脚本も書き,元禄期の名優として坂田藤十郎と並称された。生島半六に刺されて舞台で横死。2世〔1688-1758〕は初世の長男。父譲りの荒事に和事(わごと)の演出を加え,《助六》《鳴神》などを創演。市川家の基礎を固めた。4世〔1711-1778〕は初世松本幸四郎の養子で,2世幸四郎を名乗ってから団十郎を襲名。5世〔1741-1806〕は4世の子。3世松本幸四郎から団十郎を襲名。寛政期の江戸歌舞伎を代表する名優。7世〔1791-1859〕は5世の孫。時代物,世話物,舞踊の各方面に活躍し,写実的な新作を開拓したほか,《勧進帳》を創演。また歌舞伎十八番を制定。晩年海老蔵と改名。その長男が8世〔1823-1854〕を継ぎ,幕末の江戸で空前の人気俳優となったが,若くして自殺。9世〔1838-1903〕は7世の五男。時代物と舞踊に長じ,文明開化の動きに応じて活歴物(かつれきもの)を創始。写実的で上品な芸風により歌舞伎の再興に努力し,新歌舞伎十八番を制定。俳優の社会的地位の向上に努め,劇聖といわれた。その女婿市川三升〔1880-1956〕に10世を死後追贈。11世〔1909-1965〕は7世松本幸四郎の長男で,10世団十郎の養子。1962年襲名。美貌とはなやかな芸風により戦後随一の人気俳優であった。12世〔1946-2013〕は11世の長男で1985年襲名。58歳で白血病を発症,以後闘病生活を抱えながら,パリ・オペラ座公演を成功させるなど活躍したが,13年2月肺炎のため死去。長男は11世市川海老蔵[1977-]。
→関連項目市川小団次市川左団次市川寿海市川段四郎烏亭焉馬長田秋濤尾上菊五郎鏡獅子河原崎長十郎勧進帳杵屋六三郎隈取(芸能)元禄文化坂田藤十郎沢村宗十郎死絵新古演劇十種助六鶴屋南北常磐津林中中村芝翫中村七三郎成駒屋成田屋英一蝶松羽目物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

市川團十郎の関連情報