固定価格全量買(い)取り制度(読み)コテイカカクゼンリョウカイトリセイド

デジタル大辞泉の解説

こていかかくぜんりょうかいとり‐せいど〔コテイカカクゼンリヤウかひとり‐〕【固定価格全量買(い)取り制度】

太陽光・風力・水力・地熱などの再生可能エネルギー源を用いて発電した電気の全量を、国が定めた価格で電気事業者が買い取ることを義務づけた制度。買い取り価格はエネルギー源によって異なり、買い取り費用は電気料金に転嫁される。全量固定価格買い取り制度全量買い取り制度。→固定価格買い取り制度

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android