コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

固定価格全量買(い)取り制度 コテイカカクゼンリョウカイトリセイド

デジタル大辞泉の解説

こていかかくぜんりょうかいとり‐せいど〔コテイカカクゼンリヤウかひとり‐〕【固定価格全量買(い)取り制度】

太陽光・風力・水力・地熱などの再生可能エネルギー源を用いて発電した電気の全量を、国が定めた価格で電気事業者が買い取ることを義務づけた制度。買い取り価格はエネルギー源によって異なり、買い取り費用は電気料金に転嫁される。全量固定価格買い取り制度全量買い取り制度。→固定価格買い取り制度

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android