固定層触媒反応器(読み)コテイソウショクバイハンノウキ

  • fixed bed catalytic reactor

化学辞典 第2版の解説

気-固接触反応操作に用いられる反応器一種で,触媒粒子を固定充填した層に反応ガスを流して反応操作を行う装置.構造が簡単で,建設費が低廉であり,運転操作が容易であることなどから広く用いられている.また,触媒を固定して使用するため触媒の摩耗が少なく,触媒の形状,大きさを自由に選択でき,反応流体の許容速度範囲がきわめて広く,したがって反応流体の流量と触媒量を任意に選んで,接触時間を自由に変えられるなどの利点もある.反応熱の大きい反応を行わせる場合,層内にかなりの温度分布が生じ,過熱部(hot spot)ができやすいので,設計に際しては層内を適当な温度分布に保持できるよう注意しなければならない.[別用語参照]移動層流動層

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android