コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摩耗/磨耗 マモウ

デジタル大辞泉の解説

ま‐もう【摩耗/磨耗】

[名](スル)かたい材質の物が、すりへること。特に、機械の部品や道具にいう。「―した車軸を交換する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

まもう【摩耗 wear】

摩擦面に生ずる損傷には,焼付き,摩耗,ころがり疲れなどがある。摩耗は,摩擦に伴って固体の表面が少しずつ減っていく現象として特徴づけられ,摩耗粉と呼ばれる細かな粒子を生ずるのがふつうである。摩耗が起こると摩擦面の形状,寸法が変化し,機械部品の性能を低下させ,機械の使用寿命を限定することになる。
[摩耗の種類]
 摩耗はその機構によって,次の三つに大別される。(1)アブレシブ摩耗 摩擦面の一方が岩や砂などのように硬い物質である場合や,摩擦面間に硬い粒子が入りこんだ場合に生ずる微小な切削作用による摩耗。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

摩耗/磨耗の関連キーワードエンジニアリングセラミックスエンジニアリングプラスチックトレッドウエアインジケーター日本トライボロジー学会ポリアセタール樹脂トライボマテリアルセラミックターボオーバードライブダイヤモンド薄膜アラインメントゴムライニングオーバーホールポリマーアロイエンジンオイルトライボロジーアセタール樹脂スリップサインヘタる・ヘタリアスベスト公害ブレーキパッド

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android