固織(り)(読み)カタオリ

精選版 日本国語大辞典の解説

かた‐おり【固織】

〘名〙 織物の模様を現わす絵緯(えぬき)を浮かさないで、経(たていと)でおさえて織ること。また、その織物。狭義には固地綾(かたじあや)をいう。⇔浮織り
※装束図式(1571頃か)下「奴袴 浮織・固織は年齢・官位によりて是れを用ゆ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android