コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国の親 クニノオヤ

デジタル大辞泉の解説

くに‐の‐おや【国の親】

天皇。また、太上天皇
「―となりて、帝王の上なき位に」〈・桐壺〉
皇后。また、天皇の生母。国母(こくも)。
「―ともて騒がれ給ひ」〈紫式部日記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くにのおや【国の親】

天皇。また、太上天皇をいう語。 「 -となりて/源氏 桐壺
皇后。また、天皇の生母をいう語。国母こくも。 「かく-ともて騒がれたまひ/紫式部日記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

国の親の関連キーワード日本と朝鮮半島との関係(第二次世界大戦後)デイヴィド・ボウマン シュネーダーアンタント・コルディアル戸塚ヨットスクールアル アルハノフマーシャル諸島東亜同文書院ジャガタラ文象徴人類学アルハノフ山田長政茶屋奉公京極高広海外旅行曹汝霖殷汝耕少年法貿易ラン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android