コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国家両面説 コッカリョウメンセツ

デジタル大辞泉の解説

こっか‐りょうめんせつ〔コクカリヤウメンセツ〕【国家両面説】

国家は社会的側面と法律的側面をもつので、国家学はこの両側面をそれぞれ対象とする国家社会学国法学とからなるとする説。ドイツのイェリネックが唱えた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の国家両面説の言及

【イェリネック】より

…ドイツの公法学者。ウィーン,ハイデルベルク,ライプチヒの各大学で法学,哲学を学び研究者を志したが,ユダヤ人であったため排斥運動に遭うなど紆余曲折を経て,1891年ハイデルベルク大学教授となった。ハイデルベルクでは,社会学者M.ウェーバー,哲学者W.ウィンデルバントらと親しく交わり,経験主義的思考様式や新カント派哲学の二元論の影響を受けたといわれる。主著には,《公権体系論》(1892),《人権宣言論》(1895),《一般国家学》(1900),《憲法変遷論》(1906)などがある。…

※「国家両面説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android