コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国家学 こっかがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国家学
こっかがく

19世紀ドイツを中心に発達した学問分野で,国家の本質 (存在理由) ・起源・作用・構造などを研究対象とする。英米系の政治学に対応する学問であるが,政治学が政治現象を動態的にとらえ,国家論を包容する形で発展していったのに対し,国家学は,国家の社会に対する統制機能が強大であった当時のドイツの社会状況を反映して,政治現象をもっぱら国家の統治行為と解する点に特徴がある。当初は国法学的記述が主であったが,社会学的国家論の影響が大きくなるに伴い,G.イェリネックがこの両者を二元論的に総合した『一般国家学』 (1900) を著わして,国家学の発展のピークを築いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こっか‐がく〔コクカ‐〕【国家学】

国家の諸問題を研究する学問。特に19世紀以降のドイツで発達した。英国米国政治学に近い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こっかがく【国家学】

広義では行政学,財政学,経済学等を含めて,国家現象を研究の対象とする諸学問の総称であるが,通例は,ドイツ語のStaatslehreの訳語として用いられる。Staatslehreの内容については論者により相違があるが,イェリネックが《一般国家学》(1900)において提唱した用語法が標準的である。 イェリネックによれば,国家学は国家科学Staatswissenschaftの一分肢であり,国家科学は社会科学Gesellschaftswissenschaftの一分肢である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こっかがく【国家学】

国家の存立理由・起源・発達・法的関係などを研究する学問。一九世紀のドイツを中心に発達した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国家学
こっかがく
Staatslehreドイツ語

普通「国家学」とよばれるものは、19世紀ドイツで発達した国家の原理、制度、体制などに関する研究をさし、特定国家ではなく国家一般を取り扱うものとして「一般国家学」の名でも知られている。代表的学者としては、G・イェリネック、H・ケルゼン、H・ヘラーなどがあげられる。ドイツでは国家に関する百科事典的な全般的・総合的研究を称して「国家(諸)科学」Staatswissenschaftenとよび、国家に関する哲学的研究を「国家哲学」Staatsphilosophie、国家に関する哲学的・科学的考察の歴史を総括的に「国家論」Staatstheorieと名づけて「国家学」と区別する。「国家学」はその内容において英米流の「政治学」と多分に重なるので、わが国では政治学にしだいにとってかわられるようになった。ドイツでは政治を広く社会現象とせず国家現象として限定的にとらえたので、政治学ではなく国家学が発達した。国家学においては、国家の社会的側面と法的側面のいずれに力点を置くかによって、その内容や取り扱い方法が異なる。法的側面を重視する場合、それは「国法学」Staatsrechtslehreともよばれ、憲法学に接近する。社会的側面を重視する研究は今日の「政治学」や「政治社会学」と重なる。第二次世界大戦後のドイツでは依然「国家学」の名を冠する本が出版されているが、「政治学」の研究も盛んに行われている。[飯坂良明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の国家学の言及

【政治経済学】より

…“ポリティカル”という形容は,研究の関心が国家をはじめとする公共団体の政策の問題にそそがれるということを含意している。政治経済学のドイツ語訳であるシュターツビッセンシャフトStaatswissenschaftつまり国家学という呼称がこのことをより端的に表している。またエコノミックスの語源がギリシア語のオイコス・ノモスつまり家政の法というところにあるということも,経済学が政策の問題と密接にかかわって発展してきたことを物語っているといえる。…

※「国家学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国家学の関連キーワードケルロイター(Otto Koellreutter)イェリネック(Georg Jellinek)クノー(Heinrich Cunow)ヘラー(Hermann Heller)ゲオルグ イェリネックカレ・ド・マルベールグスタフ シュモラーRoeslerK.ヘルマン ヘラーゾンネンフェルスブルンチュリイエリネックブレンターノ小野塚喜平次シュテンゲル清宮 四郎国家両面説国家社会学レーベルクウェルカー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android