国家社会学(読み)こっかしゃかいがく(英語表記)Staatssoziologie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

集団社会学の一部門で,国家を,法学や通常の国家学からではなく,ナショナル・コミュニティーとして具体的,現実的な機能からとらえる。社会から国家への選挙,税,政治的世論などの入力や,国家から社会への出力,なかでももろもろのポリシーに焦点を合せて分析する。ドイツでは国家社会学という名称は M.ウェーバーなどによってしばしば使われたが,アメリカ社会学では,政治社会学と呼ぶのが慣例。代表的な学者としては,G.A.アーモンド,S.M.リプセット,W.A.コーンハウザーなどがあげられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国家社会学の関連情報