コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国法学 コクホウガク

デジタル大辞泉の解説

こくほう‐がく〔コクハフ‐〕【国法学】

国家の性質・形態・組織・作用などを法学的に研究する学問
憲法学汎論・比較憲法学をさす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こくほうがく【国法学】

国家の法的性格・形態・権限の分配など、国家を法学的に考察する学問。
憲法についての学問をいう語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

国法学の関連キーワードオット・フレードリッヒ ギールケハンス ケルゼン国法学の主要問題P. ラーバントカメラリスムスイェリネックブルンチュリアイヒホルンコルクノーフ一木 喜徳郎ベルクボーム泰西国法論有賀 長雄国家両面説一木喜徳郎市村 光恵穂積 八束津田 真道野村 淳治ラーバント

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android