コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国府尼御前 こうのあまごぜん

2件 の用語解説(国府尼御前の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国府尼御前 こうのあまごぜん

?-? 鎌倉時代の女性。
佐渡(新潟県)の国府入道の妻。佐渡に流された日蓮(にちれん)に帰依(きえ)し,献身的に奉仕する。建治元年(1275)の甲斐(かい)(山梨県)身延(みのぶ)山からの日蓮の書状に「国の責めをもはばからずわが身にかわろうとしてくださった」とある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

国府尼御前

生年:生没年不詳
鎌倉時代の佐渡(新潟県)に住む日蓮の信者。夫の国府入道と共に,佐渡に流された日蓮に帰依し,国の責めをはばからず,献身的に奉仕したという。日蓮が許されてのち,建治1(1275)年の日蓮書状によると夫を使いとして身延山に単衣を届け,弘安1(1278)年には自身も身延を訪れている。千日尼とも親しかったようで,同3年の日蓮の千日尼あての書状に国府尼御前のことを「こひしこひし」と伝えよとの文言がある。<参考文献>『日蓮聖人遺文』,高木豊「日蓮と女性檀越」(宮崎英修先生古稀記念会編『日蓮宗の諸問題』)

(西口順子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国府尼御前の関連キーワード佐渡鉱山佐渡日満熱原神四郎大田乗明最蓮房千日尼日衍日妙尼妙一尼

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone