コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国料船 こくりょうせん

世界大百科事典 第2版の解説

こくりょうせん【国料船】

中世,ことに南北朝から室町時代にかけて,過書(所)と同様の関所通行にあたっての関銭免除の特権を有した船。国料は寺社などの修造費などにあてるために給付された知行国(造営料国)に代わる修造料国料の〈国料〉に由来すると考えられている。〈国料〉の史料上の初見は1404年(応永11)で,このころには過書と類似の性格を有する免除特権とされている。過書による船の特権が一般に1回限りのものであるとか,積荷の品目・数量について関所で厳重な検査がなされるなど厳しい制約を受けていたのに対し,国料船に対しては比較的緩やかであった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android