国是(読み)こくぜ

精選版 日本国語大辞典「国是」の解説

こく‐ぜ【国是】

〘名〙 国全体が(ぜ)と認めた政治上の方針。一国の確定した施政方針。
※随筆・秉燭譚(1729)五「国是と云は、後漢書桓譚が伝に出づ。〈〉一国の公是をいふ」 〔新序‐雑事篇二〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「国是」の解説

こく‐ぜ【国是】

国民が認めた、一国の政治の基本的な方針。「中立と平和をもって国是とする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「国是」の解説

【国是】こくぜ

国の大計・方針。〔後漢書、桓伝〕君は士に驕り、~士は君に驕る。~人君或いは國を失ふに至るも悟らず、士或いはに至るもまず。君臣合はざれば、則ち國是從(よ)りて定むる無し。

字通「国」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android