コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国民年金空洞化 こくみんねんきんくうどうか

1件 の用語解説(国民年金空洞化の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

国民年金空洞化

国民年金に加入しなかったり(未加入)、保険料を納めない(未納)人が増え、年金制度の信頼を揺るがす問題となっていること。社会保険庁の調査では2004年度の保険料未納が424万人、未加入が36万人で計460万人だった。加入対象者全体(加入者である第1号被保険者2217万人と未加入36万人を足したもの)に占める未納・未加入の割合を空洞化率とすると、20%となる。なお05年度の国民年金保険料の納付率は67.8%(暫定値)で、前年に引き続き低迷が続いている。

(梶本章 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国民年金空洞化の関連キーワード公的年金障害年金遺族年金国民年金基金国民皆年金第3号被保険者特別障害給付金障害基礎年金低年金国民年金の任意加入

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone