コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国籍法の抵触に関する条約 こくせきほうのていしょくにかんするじょうやく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国籍法の抵触に関する条約
こくせきほうのていしょくにかんするじょうやく

重国籍者や無国籍者を発生させるような不都合な事態を防ぐため,国際的協力により締結された条約。 1930年ハーグ開催の第1回国際法典編纂会議で採択された「国籍法の抵触についてのある種の問題に関する条約」 Convention on Certain Questions relating to the Conflict of Nationality Laws (1937.7.1発効) を中心とする。同会議では,ほかに「二重国籍のある場合における軍事的義務に関する議定書」 (37.5.25発効) ,「無国籍のある場合における議定書」 (37.7.1発効) および「無国籍に関する特別議定書」 (未発効) が採択された。これらの諸条約は当事国も少く,対象事項も狭いため,国籍の抵触を防止する機能を十分に果すものではなかった。そこで国連成立以降,「無国籍者の法的地位に関する条約」 Convention relating to the Status of Stateless Personsが採択された (60.6.6発効) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android