コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抵触/牴触/觝触 テイショク

デジタル大辞泉の解説

てい‐しょく【抵触/×牴触/×觝触】

[名](スル)
触れること。衝突すること。転じて、物事が相互に矛盾すること。「新説は従来の主張に―するものではない」
ある行為が法律や規則に反すること。「道路交通法に―する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

産学連携キーワード辞典の解説

抵触

」とは、2つの権利が同一の対象に対して重なって成立しており、どちらを実施してもお互いの権利内容を実施する状態のことを指す。「抵触」を起こしている権利の実施の際には、先願優位の原則に則り、後願の特許権を制限することにより、実施の調整を行う。したがって、後願の特許を実施するには、先願の特許権者に実施権を供給してもらうか、特許権の譲渡をうける必要がある。

出典 (株)アヴィス産学連携キーワード辞典について 情報

抵触/牴触/觝触の関連キーワードインターネットを使った選挙運動リバースエンジニアリング手形に関する国際私法条約教科書会社の営業ルール国連常設軍創設構想クロスライセンス法定通常実施権弁護士費用特約文化財保護法口頭審理主義臨界前核実験合法ドラッグストーリーFC2動画国際行政法監理ポスト改善報告書霊魂伝移説419事件サラフシー

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android