コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国訓 コックン

デジタル大辞泉の解説

こっ‐くん〔コク‐〕【国訓】

漢字に、その意味を表す日本の言葉を当てて読むこと。また、その読み。訓。「水(スイ)」を「みず」、「侵(シン)」を「おかす」と読む類。
漢字本来の意味と一致しない、日本独自の読み方。また、その読み。アユに本来はナマズの意味の「」の字を当てる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こっくん【国訓】

漢字に、その表す意味にあたる日本語をあてて読むこと。また、その読み。訓。和訓。「やま(山)」「ひと(人)」「ひがし(東)」の類。
漢字の原義を離れて、日本語独自の読みをすること。また、その読み。中国でナマズを表す「鮎」を「あゆ」と読む類。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の国訓の言及

【漢字】より

…しかし,文化・自然を異にする中国と日本との間では,当然文物の相違があり,たとえば鮎をアユ,桜をサクラと訓ずるが,中国では鮎はナマズであり,桜も日本のような花でないという。このように日本独特の意義に読まれる場合を国訓という。なお日本語を表記するのに,特殊な漢字の転用が慣習化したものを当て字という。…

※「国訓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国訓の関連キーワード桂川甫周(1)桂川甫筑(3)和訓・倭訓桂川甫粲桂川甫三坂本直寛桂川甫筑桂川甫周三宅道乙馬埒殿日本語みずスイシン和訓あゆ約法原義

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android