コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国連資本開発基金 こくれんしほんかいはつききんUnited Nations Capital Development Fund; UNCDF

1件 の用語解説(国連資本開発基金の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国連資本開発基金
こくれんしほんかいはつききん
United Nations Capital Development Fund; UNCDF

第 21回国連総会決議により 1966年に設立された国連開発計画 (UNDP) の付属機関発展途上国,特に後発開発途上国に対する無利子または低利の融資で,他の金融支援を補完するものとなっている。対象事業は,小規模の生産基盤,社会基盤が中心で,農業関連のものが多くなっている。その財源は,おもに UNDP加盟各国の自発的拠出金による。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

国連資本開発基金の関連キーワードニッサン シルビアCSP311型外国人学校国立劇場自動車工業月探査機熱帯擾乱脇往還袴田事件植村直己小川紳介

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国連資本開発基金の関連情報