コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際アフリカ・サービス・ビューロー こくさいアフリカ・サービス・ビューローInternational African Service Bureau

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際アフリカ・サービス・ビューロー
こくさいアフリカ・サービス・ビューロー
International African Service Bureau

1937年3月ロンドンに創設された,アフリカ人,アフリカ系人の政治意識高揚,権利回復のための組織。 35~36年のイタリアによるエチオピア侵略戦争に際し,アビシニア国際アフリカ友好協会 (ロンドン) を通じて西欧列強にエチオピア救済を求めたものの失敗に終った経験にかんがみ,アフリカ人みずからの主体的活動によってアフリカの解放を実現しようという趣旨に基づき,同友好協会の一部のメンバーに R.マコンネンなどが加わって設立された。書記長 W.ジョンソン。同ビューローへの加入資格はアフリカ人,アフリカ系人に限定されていたが,会員は J.ケニヤッタなどを例外として大部分は西インド諸島のアフリカ系人で占められ,また活動もイギリス国内に限られてアフリカに直接影響を及ぼすことはあまりなかった。しかし同ビューローの活動を通じて,イギリス在住のアフリカ (系) 人は,個々の植民地単位をこえた汎アフリカ主義的思想と行動に傾斜していった。機関誌は『インターナショナル・アフリカン・オピニオン』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

国際アフリカ・サービス・ビューローの関連キーワードマキノ雅広山本嘉次郎日中戦争清水宏島津保次郎久松静児斎藤寅次郎渋谷実中国映画豊田四郎

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android