国際スキー連盟(読み)こくさいスキーれんめい(英語表記)Fédération Internationale de Ski(仏 )

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

世界のスキー競技を統括する国際的組織。略称 FIS本部スイスのトゥーン湖付近のオーバーホーフェン。 1924年フランスのシャモニーで開催された第1回冬季オリンピック (シャモニーモンブラン・オリンピック冬季競技大会) の期間中に 14ヵ国により創設。日本は 1926年に加盟した。アルペンスキーノルディックスキーフリースタイルスキースノーボードのほか,スピードスキーグラススキーテレマークスキーなどの競技団体を認定,世界選手権大会やワールドカップを主催している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の国際スキー連盟の言及

【スキー】より

…これがアルペン競技Alpineの基本技術で,アレーÉmile Allaisを中心とするフランス派なども現れて,アルペン競技はドイツ,スイスを含め発展していく。 1924年には国際スキー連盟Fédération internationale de ski(FIS)が結成され,同年の第1回オリンピック冬季大会(シャモニー)にスキーも登場したが,男子ノルディック種目のみであった。アルペン種目は36年の第4回大会(ガルミッシュ・パルテンキルヘン)から行われるようになった。…

※「国際スキー連盟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国際スキー連盟の関連情報