コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際労働法 こくさいろうどうほうinternational labour law

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際労働法
こくさいろうどうほう
international labour law

労働条件の改善など労働者保護に関する国際的協定の総体をいう。国際労働法の中心となる国際労働機関の任務は,勧告国際労働条約草案の作成にとどまり,それらは国家の受諾批准によって発効するので,国際労働法は条約の形で存在する。勧告の受諾国,条約の批准国は,自国の労働法を勧告や条約に合せなければならないので,こうして成立した国内労働法の諸原則を国際労働法と呼ぶこともできる。なお国際私法上,国際的な労働法上の問題に適用すべき法を定める法律を意味する場合もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の国際労働法の言及

【ILO】より

…しかし国連の場合とは違って,三者構成のILOでは,政府間の対立は労使それぞれがグローバル(世界)性を保つかぎり緩和の可能性があるといえよう。
[国際労働法]
 1919年の第1回総会から1982年の第68回総会までに採択されたILO条約は158,勧告は166を数える(96年11月末までに180の条約,187の勧告を採択)。そのうち条約は加盟国の批准によってその国に対し国際法上の拘束力をもつものであるため,その内容は最低基準とみてよい。…

※「国際労働法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国際労働法の関連キーワードゴンパーズILO条約花見忠

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android