コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際原子力パートナーシップ コクサイゲンシリョクパートナーシップ

1件 の用語解説(国際原子力パートナーシップの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こくさいげんしりょく‐パートナーシップ【国際原子力パートナーシップ】

核燃料の製造や使用済み核燃料再処理原子力先進国が独占的に行い、原子力利用国(後発国)に原子力発電用の核燃料を安定的に供給する枠組み。2006年に米国大統領ジョージ=ブッシュが提唱。原子力発電の利用を促進し、核兵器に転用可能な高濃縮ウランプルトニウム等の拡散を防止するねらいがある。GNEP(Global Nuclear Energy Partnership)。
[補説]米国は同パートナーシップの中核事業として使用済み核燃料の商業再処理施設および高速炉の建設を予定していたが、技術・資金面で実現が困難な見通しとなり、2009年にオバマ政権下で計画を断念した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国際原子力パートナーシップの関連キーワード核燃料再処理中間貯蔵使用済核燃料ユーロケミック核燃料と核兵器国際原子力パートナーシップ(GNEP)多国間管理構想寧辺の核施設六ケ所再処理工場青森県六ケ所村の核燃料再処理工場

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone