コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

核燃料再処理 かくねんりょうさいしょりnuclear fuel reprocessing

3件 の用語解説(核燃料再処理の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

核燃料再処理
かくねんりょうさいしょり
nuclear fuel reprocessing

原子炉から取り出した使用済みのウラン燃料の燃えかすの中に残るウラン 235や,非核分裂性のウラン 238が中性子を吸収してできた分裂性のプルトニウム 239などを,資源の有効利用のため化学的に分離して再使用できるかたちにするプロセスのこと。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かくねんりょう‐さいしょり〔カクネンレウ‐〕【核燃料再処理】

使用済み核燃料から燃え残りのウランや新たに生成したプルトニウムを回収し、放射性廃棄物を貯蔵・処分できるように化学的処理をすること。単に再処理ともいう。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かくねんりょうさいしょり【核燃料再処理 nuclear fuel reprocessing】

原子炉の使用済燃料の中から核燃料物質を回収することをいい,あるいは使用済燃料再処理,または単に燃料再処理ということもある。核燃料が原子炉で使用されると,(1)核分裂生成物がしだいに蓄積してきてこれによる中性子吸収が増加し炉の運転が難しくなる,(2)核分裂生成物の蓄積や放射線損傷により核燃料の機械的性質などが変化し燃料体が損傷するおそれがある――ために,ある期間使用したあとはこれを取り出し新しい核燃料と交換する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の核燃料再処理の言及

【核燃料サイクル】より

…一方,再利用する場合は循環型(リサイクル型)とよばれ,そのためには使用済燃料から有用なU,Puを回収すると同時に,不要な核分裂生成物を除去する必要がある。このことは,原子炉で用いる前に種々手を加えて処理した核燃料をふたたび処理し直すことを意味するので,使用済燃料再処理(核燃料再処理)とよばれる。 再処理によってU,Puの再利用が可能になれば,Uの利用率が向上する。…

※「核燃料再処理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

核燃料再処理の関連情報