国際検疫伝染病(読み)こくさいけんえきでんせんびょう

精選版 日本国語大辞典の解説

こくさい‐けんえきでんせんびょう ‥ケンエキデンセンビャウ【国際検疫伝染病】

〘名〙 一九五一年世界保健機構が指定した痘瘡コレラペスト黄熱発疹チフス回帰熱伝染病。旅行者や輸出入物資によって運ばれ、しばしば国際間の流行をおこすので、その発生状況を通報し合い、各国の海・空港で検疫を行なって、病原体の侵入を防ぐ。コレラ、ペスト、黄熱など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android