コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際競争 コクサイキョウソウ

デジタル大辞泉の解説

こくさい‐きょうそう〔‐キヤウサウ〕【国際競争】

国際市場における国家間・企業間の競争。経済のグローバル化により、国家間の参入障壁が低くなり、世界が大きな一つの市場と化した側面があるため、事業機会が増える一方で、外国企業と競合する場面も増加した。競争を勝ち抜くには、技術革新、安価で良質な労働力の確保、ブランド力の強化、国家政策による後押しなどが求められる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

国際競争の関連キーワード高度情報通信ネットワーク社会形成基本法ライフイノベーション国際戦略総合特区関西イノベーション国際戦略総合特区free fair globalブリティッシュ・スチール[会社]日本政策投資銀行と国際協力銀行改正所得税法の付則104条iPS(人工多能性幹)細胞未来投資に向けた官民対話繊維リソースセンター事業スーパーグローバル大学両岸経済協力枠組協定輸入インフレーション国際コンテナ戦略港湾テクノナショナリズムトランスペアランシー国際バルク戦略港湾シンガポールモデル地域活性化総合特区改正不正競争防止法

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国際競争の関連情報