コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

参入障壁 さんにゅうしょうへき barriers to entry

7件 の用語解説(参入障壁の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

参入障壁
さんにゅうしょうへき
barriers to entry

新たに企業が特定産業で生産,販売を開始するのをはばもうとするものの総称。まったく新しい企業が登場する場合もあれば,他の産業分野の企業が異分野に進出して新たな競争者となる場合もある。規模の経済性によるもの,費用の絶対的優位によるもの,製品差別化によるもの,などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

参入障壁【さんにゅうしょうへき】

新規企業が特定の産業や製品市場に進出するときに受ける相対的な困難の要因。経営において多角化や新製品開発の戦略を決定する際,一つの戦略基準となる。参入障壁の生じる理由は,(1)経済の集中による寡占化が行われ,最低必要規模が大きい,(2)新規企業の絶対的生産費用が既存企業よりも高い,(3)製品差別化が強く,新規企業は広告や販売促進への支出を多く必要とすることなどが挙げられる。
→関連項目規模の経済産業組織論ベイン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

マーケティング用語集の解説

参入障壁

新たに市場に参入する場合に障害となる要因のこと。各種許認可制度や流通や生産に関する独自の組織文化など。
近年ではビジネスモデル特許などによる新たな参入障壁の形成も見られます。革新的な技術などにより、競合が追随できない状態を構築することができれば、市場導入期における絶対的優位を確立することが可能となります。

出典|(株)マインズ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マーケティング用語集の解説

参入障壁

企業がある業界に新規参入しようとする際に、参入を妨げる障害のこと。

出典|マーケティングキャンパス
Copyright © Symphony Marketing Co., Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

参入障壁

 新規に企業が市場に参入しようとするときの難易度.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さんにゅうしょうへき【参入障壁 barriers to entry】

ある産業に新たに企業が設備を新設して進出(参入)しようとするとき,この企業はすでにその産業で営業している企業に比して,さまざまな理由で不利となる場合がある。このような,既存企業と比べた新規参入企業の不利益を生みだす要因を,参入障壁という(産業に参入障壁がない状態を自由参入free entryという)。参入障壁の高い産業では,既存企業は新規参入を招くことなく超過利潤を享受することができる。 参入障壁を構成する要因としては,(1)費用格差,(2)〈規模の経済〉,(3)製品差別化,の3点があげられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さんにゅうしょうへき【参入障壁】

ある産業に加わろうとする企業にとってさまたげになる、既存の企業が備えている優位性や、その分野独自の制度。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の参入障壁の言及

【独占】より

…合併によって誕生した独占は,市場で優劣の判定を経たものでないので,経済厚生の点からは問題が多い。 潜在的競争者の競争圧力から既存企業を隔離する参入障壁も,独占を形成・維持する重要な要因である。市場規模にくらべ効率的工場の規模が大きすぎ,参入後の価格暴落が必至であったり,効率的規模の工場の建設資金が膨大で,潜在的参入者の資金調達能力を超える場合,すなわち規模の経済性が著しい場合は,既存企業は潜在的参入の脅威から守られ,独占利潤を享受しつづける。…

※「参入障壁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

参入障壁の関連キーワード託送農業特区新規参入の脅威撤退障壁新規参入者(農業)スカイマークエアラインズ新規参入の就農者新千歳線の大手VS.新規参入タクシーの再規制新規参入

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

参入障壁の関連情報