コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際製薬業団体連合会 こくさいせいやくぎょうだんたいれんごうかいInternational Federation of Pharmaceutical Manufacturers Associations; IFPMA

1件 の用語解説(国際製薬業団体連合会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際製薬業団体連合会
こくさいせいやくぎょうだんたいれんごうかい
International Federation of Pharmaceutical Manufacturers Associations; IFPMA

世界人類の健康と福祉への貢献と,薬業の道義性の樹立のために,公私両組織の連帯を目的とした国際的製薬業者の団体。 1968年8月1日のヨーロッパ経済共同体 EEC諸国の製薬業者会合を機会に創立された。本部はスイスのチューリヒにあり,日本からは日本製薬団体連合会が加盟している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone