国際開発高等教育機構(読み)こくさいかいはつこうとうきょういくきこう(英語表記)Foundation for Advanced Studies on International Development;FASID

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際開発高等教育機構
こくさいかいはつこうとうきょういくきこう
Foundation for Advanced Studies on International Development;FASID

国際開発大学構想を推進するための中核的組織。高等教育研究機関に対する資金助成窓口,大学間連携や共同研究の斡旋など開発援助にかかわる国際交流の促進,国内関係機関の研究・教育活動の支援を行なうものとして,1990年経済団体連合会 (経団連) の協力を得て設立された,外務省および文部省 (現文部科学省) の認可団体。国際開発大学構想とは,援助に携わる優秀な人材の養成・確保の必要性などを背景に,大学における援助関連の教育研究の促進,関連大学院研究科の設立,開発エコノミストの養成を担う独立の大学院大学の設立,さらには途上国にも諸機関の設立を段階的に実現していこうとする構想。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android