コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国魂 くにたま

大辞林 第三版の解説

くにたま【国魂】

国土に宿り、土地の豊饒ほうじよう・興廃にかかわると信じられた神霊。国御魂くにみたま

くにだましい【国魂】

国家の重要な政務を行なって、国民の模範となること。また、その人。 「夫れ関白職は、諺に-となんいひけり/太閤記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

国魂の関連キーワード兵庫県南あわじ市榎列上幡多イクシマノカミ(生島神)福島県いわき市平菅波渟名城入姫命岩木山神社生国魂神社大国魂神社北海道神宮藤岡 好古市磯長尾市小俣勇造六所の宮佐野久成高良大社鴨下春良猿渡盛章出羽神社求菩提山椎根津彦生玉神社

国魂の関連情報