コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柱石 チュウセキ

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐せき【柱石】

柱といしずえ。転じて、柱ともいしずえとも頼む人。特に国家・団体などを支える中心人物。「国家の柱石
スカポライト

はしら‐いし【柱石】

木柱の腐食を防ぐために柱の下に置く石。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうせき【柱石】

建物の柱と土台石。
〔漢書 元后伝〕 柱とも礎いしずえとも頼むもの。国家などを支える重要な人。 「国の-となる」
ナトリウム・カルシウム・アルミニウムを含むケイ酸塩鉱物。正方晶系に属し、無色・灰色・紫色・黒色などを呈し、ガラス光沢がある。スカポライト。

はしらいし【柱石】

木造建築で、柱の下に据える石。沓くつ石。礎石。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柱石
ちゅうせき

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の柱石の言及

【スカポライト】より

…マリアライトmarialite(Ma)Na4Al3Si9O24Clとメイオナイトmeionite(Me)Ca4Al6Si6O24CO3を端成分とする固溶体鉱物の総称。柱石ともいう。Me成分の割合に応じてMex(x=0~100)で表し,Me0~Me20をマリアライト,Me20~Me50をディパイヤdipyre,Me50~Me80をミッゾナイトmizzonite,Me80~Me100をメイオナイトと呼ぶ。…

※「柱石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

柱石の関連キーワードスカポライト(データノート)紅柱石(データノート)緑柱石(データノート)ケイ線石(珪線石)ラン晶石(藍晶石)ディパイア化作用ラン(藍)晶石ケイ(珪)線石ケイ酸塩鉱物紅柱石花崗岩アクアマリンロエスタイトベルトラン石紅柱石片岩エメラルドベリリウムフェナク石プロテオ岩木造建築六方晶系

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

柱石の関連情報