コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土地社会主義 とちしゃかいしゅぎland socialism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土地社会主義
とちしゃかいしゅぎ
land socialism

土地の私有制度を廃止あるいは改革することによって,また制度的に土地単一税を課することによって社会を改革しようとする主張。農業社会主義ということもある。この思想はもっぱら 18~19世紀のイギリスにおいて発生した。土地社会主義には大きく分けて3つの傾向がある。第1は C.ホール,W.オブライエンらによるもので,一切の生産手段の私有廃止の第1歩として土地の国有化を主張した。第2は T.スペンス,T.ペイン,W.オーグルビー,H.ゴッセンらによるもので,生産手段のうち土地だけを国有化し各個人に使用権を認めることを主張した。第3は J. S.ミル,P.ドーブ,H.ジョージらによる不労所得たる地代の私有の廃止によって土地私有廃止と同様の効果を得ようとする主張である。これらの主張に共通するものは,土地は万人の共有財産であるということであり,J.ロックの自然法重農主義などの影響を受けている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android