コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土地緊縛 とちきんばくSchollengebundenheit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土地緊縛
とちきんばく
Schollengebundenheit

封建社会における,荘園農民の身分規定の一つで,農奴身分の一標識をなす。農民がその保有地に縛りつけられ,移転の自由をもたなかったことをいう。領主にとって,封建地代を確保する必要から,労働力としての農民の流出は極力防止され,逃亡した場合には追捕権が行使された。西ヨーロッパでは荘園成立 (8~9世紀) とともに始り,その後,貨幣地代が発展し (12~16世紀) 荘園が変質してくると同時に消滅した。日本では西ヨーロッパより緩和した形で施行されたが,荘園制が崩壊したのちにも存続した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

土地緊縛の関連キーワードコンスタンチヌス1世(大帝)コンスタンティヌス(大帝)総合年表(ヨーロッパ)フレゼリク(6世)グーツヘルシャフトコロナトゥス経済外的強制バガウダエ寛政の改革封建社会土地所有農奴制

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android