コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土屋重治 つちや しげはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土屋重治 つちや-しげはる

?-? 戦国時代の武士。
徳川家康の家臣。永禄(えいろく)6年(1563)三河(愛知県)岡崎で一向一揆(いっき)勢とたたかう。7年一揆側が上和田の砦(とりで)を攻めたとき,大久保忠勝,忠世らをたすけたが,針崎野で戦死した。名は甚助,重次とも。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

土屋重治の関連キーワード戦国時代徳川家康

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android