コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土屋順紀 つちや よしのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土屋順紀 つちや-よしのり

1954- 昭和後期-平成時代の染織家。
昭和29年4月26日生まれ。昭和53年紬織(つむぎおり)の志村ふくみ師事。56年岐阜県関市に工房を設立。平成6年日本伝統工芸展初入選。8年羅(薄絹)の北村武資に師事。同年生絹(すずし)着物「鮎(あゆ)の瀬」で日本伝統工芸展日本工芸会総裁賞。9年日本工芸会正会員。18年紋紗(もんしゃ)着物「月下渓韻(げっかけいいん)」で日本伝統工芸展文部科学大臣賞。紋紗に絣(かすり)の技法をくわえた独自の織物を制作する。22年紋紗で人間国宝。岐阜県出身。京都インターナショナル美術専門学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

土屋順紀の関連キーワード斎藤寅次郎マキノ雅広世界のおもなアカデミートルンカ新藤兼人溝口健二石井桃子オータン・ララ川島雄三国民保養温泉

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土屋順紀の関連情報