コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土屋鳳洲 つちや ほうしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土屋鳳洲 つちや-ほうしゅう

1842*-1926 幕末-大正時代の漢学者。
天保(てんぽう)12年12月13日生まれ。相馬九方,池田草庵にまなぶ。兵庫師範教授,奈良県師範校長をへて明治26年華族女学校教授。のち東洋大教授。宮中講書始の講師もつとめた。大正15年3月15日死去。86歳。和泉(いずみ)(大阪府)出身。名は弘。字(あざな)は伯毅。別号に晩晴楼。著作に「皇朝言行録」「幽囚録」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

土屋鳳洲の関連キーワード生駒東太大正時代漢学者

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android