コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土岐霞亭 とき かてい

1件 の用語解説(土岐霞亭の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土岐霞亭 とき-かてい

1733-1793 江戸時代中期の医師,儒者。
享保(きょうほう)18年4月10日生まれ。武田梅竜の弟。京都で医師として妙法院宮につかえる。法橋(ほっきょう)。宇野明霞(めいか)の門にまなび,詩文をよくした。藪内(やぶのうち)流の茶人でもある。寛政5年3月12日死去。61歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。本姓は篠田。名は欽尹。字(あざな)は聖耕。通称は元信。著作に「霞亭詩稿」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

土岐霞亭の関連キーワードポーランド史天野信景アウグスト[2世]塩尻堀平太左衛門上田秋成ジャコバン憲法バンデーの反乱能登半島地震本土空襲

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone