コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土岐霞亭 とき かてい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土岐霞亭 とき-かてい

1733-1793 江戸時代中期の医師,儒者。
享保(きょうほう)18年4月10日生まれ。武田梅竜の弟。京都で医師として妙法院宮につかえる。法橋(ほっきょう)。宇野明霞(めいか)の門にまなび,詩文をよくした。藪内(やぶのうち)流の茶人でもある。寛政5年3月12日死去。61歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。本姓は篠田。名は欽尹。字(あざな)は聖耕。通称は元信。著作に「霞亭詩稿」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

土岐霞亭の関連キーワード土岐元信

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android