コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土岐霞亭 とき かてい

1件 の用語解説(土岐霞亭の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土岐霞亭 とき-かてい

1733-1793 江戸時代中期の医師,儒者。
享保(きょうほう)18年4月10日生まれ。武田梅竜の弟。京都で医師として妙法院宮につかえる。法橋(ほっきょう)。宇野明霞(めいか)の門にまなび,詩文をよくした。藪内(やぶのうち)流の茶人でもある。寛政5年3月12日死去。61歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。本姓は篠田。名は欽尹。字(あざな)は聖耕。通称は元信。著作に「霞亭詩稿」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

土岐霞亭の関連キーワード明石宗伯岡道渓小原西酉賀川玄吾清水敬長瀬丘長圭谷崎永律田村元長三谷蘆水渡辺昌倫

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone