コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土岐頼之 とき よりゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土岐頼之 とき-よりゆき

1826-1873 幕末の大名。
文政9年3月27日生まれ。伊勢(いせ)(三重県)桑名藩主松平定永の10男。土岐頼寧(よりやす)の養子となり,弘化(こうか)4年上野(こうずけ)(群馬県)沼田藩主土岐家11代。学問所奉行,若年寄をつとめた。明治6年5月5日死去。48歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

土岐頼之の関連キーワードハウフバーラクザイ朝ハウフサッカー(フットボール)日本郵便制度史(年表)東南アジア史(年表)大不況鉄筋コンクリート構造クルップビニー

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone