コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土師中知 はじの なかとも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土師中知 はじの-なかとも

?-? 飛鳥(あすか)時代の官吏。
推古天皇36年(628)檜前浜成(ひのくまの-はまなり)・竹成兄弟が宮戸(みやこ)川(隅田川)の河口で漁をしていたとき網にかかった観音像1体を兄弟とともにまつった。これが東京浅草寺の本尊といわれる。中知はその地域の村主または豪族とおもわれるが,兄弟との関係はあきらかではない。浅草寺の縁起では土師真中知(まつち)となっている。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

土師中知の関連キーワード推古天皇あすか官吏

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android