コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土師中知 はじの なかとも

1件 の用語解説(土師中知の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土師中知 はじの-なかとも

?-? 飛鳥(あすか)時代の官吏。
推古天皇36年(628)檜前浜成(ひのくまの-はまなり)・竹成兄弟が宮戸(みやこ)川(隅田川)の河口で漁をしていたとき網にかかった観音像1体を兄弟とともにまつった。これが東京浅草寺の本尊といわれる。中知はその地域の村主または豪族とおもわれるが,兄弟との関係はあきらかではない。浅草寺の縁起では土師真中知(まつち)となっている。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone