コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土木工事保険

保険基礎用語集の解説

土木工事保険

土木工事一般(道路、上下水道、ダム、土地造成等)を対象として、その工事現場における不測かつ突発的な事故によって、保険の目的(本工事およびこれに付随する仮工事、工事用の材料および仮設材、仮設建物)に生じた損害をてん補する保険を指します。

出典 みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について 情報

世界大百科事典内の土木工事保険の言及

【新種保険】より

…特約により,工事に伴う第三者賠償責任のリスクを担保することもできる。なお,道路,上下水道,トンネル等の土木工事を対象にする土木工事保険,機械装置,プラント等の鋼構造物の据付・組立工事を対象にする組立保険もある。 (7)盗難保険 特定収容場所の財物につき窃盗,強盗による損害を塡補する保険。…

※「土木工事保険」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

土木工事保険の関連キーワード土木工事

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android