コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土用の丑の日

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

土用の丑の日

土用は雑節(季節の変化の目安とする日)のひとつで、立春、立夏立秋、立冬の前の約18日間を指す。この期間中で十二支にあたる日が「土用の丑」で、今年は7月24日と8月5日の2回ある。夏の土用は立秋前を指し、丑の日に「ウナギを食べれば夏バテしない」といわれる。

(2015-07-22 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

土用の丑の日の関連キーワード土用鰻大鰐町

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土用の丑の日の関連情報