コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立夏 りっか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立夏
りっか

二十四節気の一つ。夏を迎えて夏の季節が始るとした。太陰太陽暦の四月節 (4月前半) のことで,太陽の黄経が 45°に達した日 (太陽暦の5月5日か6日) に始り小満 (太陽の黄経が 60°,5月 21日か 22日) の前日までの約 15日間であるが,現行暦ではこの期間の第1日目をさす。その頃はいわゆる「目に青葉山ほととぎす」の時期で,昔中国ではこれをさらに5日を一候とする三候 (螻かく鳴,蚯蚓出,王瓜生) に区分した。それは,青がえる (螻かく) が鳴き,みみずがはい出し,からすうりができる時期の意味である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

りっ‐か【立夏】

二十四節気の一。5月6日ごろ。暦の上での始まる日。 夏》「空輝き水輝きて―かな/立子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

立夏【りっか】

二十四節気の一つ。太陽の黄経が45°のときで,現行暦の5月5,6日。春分夏至(げし)のちょうど中間。旧暦では夏の始まり。
→関連項目土用

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本文化いろは事典の解説

立夏

5月6日頃 立夏は夏が始まる日です。この時期は大地が草で覆われ木々が繁ってきます。 カレンダーには「夏が立つ」などと記載されてる場合もあります。これは、簡単に言うと「夏がきたよ」という意味です。立夏の頃(ちょうどGW〔ゴールデンウィーク〕頃ですね)は気持ちの良い風が吹き、晴天が続くので外に出ることが楽しみな時期でもあります。

出典 シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りっか【立夏】

二十四節気の一つで暦法上では4月節といい,七十二候では〈蛙始めて鳴く〉候に当たる。現在では太陽が視黄経45゜にあるときと定義されていて5月5~6日ころになるが,旧暦の日付では3月15日~4月15日の間のどこかになる。その時代には4月を孟夏といい4~6月を夏としていたが,詩歌では立夏の日からを夏と扱っており,ほととぎすが忍び音で鳴くころを迎えたのである。【内田 正男】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

りっか【立夏】

二十四節気の一。太陽の黄経が45度に達する時をいい、太陽暦で5月6日ごろ。四月節気。「夏立つ」「夏来る」ともいう。 [季] 夏。 《 滝おもて雲おしうつる-かな /飯田蛇笏 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

立夏
りっか

中国・日本の太陰太陽暦法の二十四節気の一つ。陰暦4月節で夏の始まり。太陽の視黄経が45度に達するときで、現行暦の5月6日ごろにあたる。[渡辺敏夫・根本順吉]

気象

5月のゴールデン・ウィークの締めくくりにあたるころで、夏に入るといっても、日本では盛夏期に入る前に梅雨期があるため、このころの天気はそのまま盛夏期の晴天につながるわけではない。北海道方面ではサクラの満開の季節である。夏の季語。[渡辺敏夫・根本順吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

立夏の関連キーワード土用の丑の日吉田 善彦巻寿司の日八十八夜飯田蛇笏根本順吉土用鰻花信風八王日四季雑節納涼夏祭春祭啓閉五時八節穀雨節分

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

立夏の関連情報