立秋(読み)りっしゅう

  • たつあき
  • りっしゅう ‥シウ
  • りっしゅう〔シウ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二十四節気の一つ。立を迎えて秋の季節が始るとした。太陰太陽暦の七月節 (7月前半) のことで,太陽の黄経が 135°に達した日 (太陽暦の8月7日か8日) に始り処暑 (太陽の黄経 150°,8月 23日か 24日) の前日までの 15日間であるが,現行暦ではこの期間の第1日目をさす。暑さもを越して立秋の声を聞くようになると,急に涼風がそよぐ時期になる。昔中国ではこの時期をさらに5日を一候とする三候 (涼風至,白降,寒蝉鳴) に区分した。それは,秋のそよ風が吹き,草葉に露を結び,ひぐらし (寒蝉) が鳴きすさぶ時期の意味である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

二十四節気の一つ。現在では太陽の視黄経が135゜になるときをいう。これは天保暦で採用された定義である。太陽暦では8月7~8日ころにあたり,暑さの峠である土用も立秋に明けて以後は暑くても暑中とはいわずに残暑という。詩歌では立秋より秋が歌われるが,7月を孟秋,8月を仲秋,9月を季秋として暦月の7~9月を秋とするのがふつうである。七十二候7月節〈一候涼風至る〉も同日である。【内田 正男】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中国・日本などの太陰太陽暦法の二十四節気の一つ。陰暦7月節で秋の始まり。太陽の視黄経が135度に達するときで、現行暦の8月8日ごろにあたる。

[渡辺敏夫・根本順吉]

気象

秋になるといっても暑い盛りで気象的にはなお夏であるが、日もしだいに短くなり、朝夕の風に秋を感じさせる。暑中見舞いはこのころから残暑見舞いとなる。秋の季語。

[渡辺敏夫・根本順吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 二十四節気の一つ。秋の始まりとされる日。りっしゅう。
※大斎院前御集(11C前)下「たつあきはそらにけしきのみえぬればをしむ心ものどけくもあらず」
〘名〙 二十四節気の一つ。太陽の黄経が一三五度のときをいう。新暦八月七日頃に当たり、昔の中国および日本では、この日から秋になるとした。和語では「秋立つ」が用いられる。《季・秋》
※延喜式(927)一六「撃閇諸門〈略〉起立秋一日八日」 〔礼記‐月令〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

立秋の関連情報