土肥実平妻(読み)どひ さねひらの つま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土肥実平妻 どひ-さねひらの-つま

?-? 平安後期-鎌倉時代の女性。
源頼朝が伊豆(いず)で挙兵した際,夫に頼朝にしたがうようにすすめた。また石橋山の戦いで敗れた頼朝方に食糧をとどけ,周囲の動静をつたえるなどしてたすけた。夫の死後建久(けんきゅう)6年(1195)「土肥の後家尼」として頼朝と対面している。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android