コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土肥 とい

5件 の用語解説(土肥の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土肥
とい

静岡県東部,伊豆半島西海岸にある地区。旧町名。 1938年町制。 1956年西豆村を編入。 2004年4月,修善寺町,天城湯ヶ島町,中伊豆町と合併し伊豆市となる。天正5 (1577) 年に金山が開発され,大久保長安が採掘にあたり,中心集落の土肥は金鉱集落として発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

どひ【土肥】

姓氏の一。
[補説]「土肥」姓の人物
土肥慶蔵(どひけいぞう)
土肥実平(どひさねひら)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

どい【土肥】

どひ【土肥】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土肥
とい

静岡県東部、田方(たがた)郡にあった旧町名(土肥町(ちょう))。現在は伊豆(いず)市の西端部を占める一地区。1938年(昭和13)町制施行。1956年(昭和31)西豆(さいず)村を編入、2004年(平成16)修善寺(しゅぜんじ)、天城湯ヶ島(あまぎゆがしま)、中伊豆(なかいず)の3町と合併、市制施行して伊豆市となる。旧土肥町は、伊豆半島の西海岸に位置する。東・南・北の三方を山に囲まれ、西は駿河(するが)湾に臨む。達磨(だるま)山などの山々を背後に区域の85%が山林で、海岸沿いも急傾斜地をなす。かつては「陸の孤島」といわれ、沼津(ぬまづ)―松崎(まつざき)間の定期船に頼ったが、現在では、国道136号、西伊豆バイパス、西伊豆スカイラインが通じ、土肥港からは、沼津、静岡(清水)、戸田(へだ)などへカーフェリーや高速船が就航している。カーネーション、夏ギクの栽培が盛んで、アジ、イワシ、テングサなどの沿岸漁業も行う。江戸初期金山奉行(ぶぎょう)大久保長安(ながやす)によって採掘された土肥金山は、当時、土肥千軒とよばれ、金山町が繁栄した。土肥温泉があり、海水浴客、磯(いそ)釣り客も多く、民宿は100軒を超える。北方に小土肥(おどい)温泉もある。[川崎文昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土肥の関連キーワード伊豆伊豆の国伊豆半島沖地震西伊豆[町]伊豆長岡〈町〉静岡県伊東市大仁〈町〉賀茂〈村〉土肥〈町〉中伊豆〈町〉

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

土肥の関連情報