コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土肥 とい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土肥
とい

静岡県東部,伊豆半島西海岸にある地区。旧町名。 1938年町制。 1956年西豆村を編入。 2004年4月,修善寺町,天城湯ヶ島町,中伊豆町と合併し伊豆市となる。天正5 (1577) 年に金山が開発され,大久保長安が採掘にあたり,中心集落の土肥は金鉱集落として発展。現在は土肥奥の清越 (せいこし) 金山跡が残るのみで,海水浴場,磯釣り場をもつ温泉街を形成。海産物およびカーネーションなどの花卉を産する。地区の一部は富士箱根伊豆国立公園に属する。国道 136号線が通じ,富士市の田子ノ浦港との間に定期船西伊豆フェリーが就航。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

どい【土肥】

どひ【土肥】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土肥
とい

静岡県東部、田方(たがた)郡にあった旧町名(土肥町(ちょう))。現在は伊豆(いず)市の西端部を占める一地区。1938年(昭和13)町制施行。1956年(昭和31)西豆(さいず)村を編入、2004年(平成16)修善寺(しゅぜんじ)、天城湯ヶ島(あまぎゆがしま)、中伊豆(なかいず)の3町と合併、市制施行して伊豆市となる。旧土肥町は、伊豆半島の西海岸に位置する。東・南・北の三方を山に囲まれ、西は駿河(するが)湾に臨む。達磨(だるま)山などの山々を背後に区域の85%が山林で、海岸沿いも急傾斜地をなす。かつては「陸の孤島」といわれ、沼津(ぬまづ)―松崎(まつざき)間の定期船に頼ったが、現在では、国道136号、西伊豆バイパス、西伊豆スカイラインが通じ、土肥港からは、沼津、静岡(清水)、戸田(へだ)などへカーフェリーや高速船が就航している。カーネーション、夏ギクの栽培が盛んで、アジ、イワシ、テングサなどの沿岸漁業も行う。江戸初期金山奉行(ぶぎょう)大久保長安(ながやす)によって採掘された土肥金山は、当時、土肥千軒とよばれ、金山町が繁栄した。土肥温泉があり、海水浴客、磯(いそ)釣り客も多く、民宿は100軒を超える。北方に小土肥(おどい)温泉もある。[川崎文昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

土肥の関連キーワード神奈川県足柄下郡湯河原町宮下静岡県伊豆市土肥マグネシウム肥料サザ波キャンプ場土肥次郎の妻静岡県伊豆市湯河原[町]伊豆[市]土肥原賢二土肥 モト半肩を担ぐ坂東八平氏清水[区]土肥[町]秋山御風土肥次郎小瀬甫庵土肥実平小早川氏土肥実光

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土肥の関連情報